お知らせ

南国の楽園、「癒しの島」バリ島!

2018/08/03 海外旅行保険

三井住友海上 海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」取扱代理店 ニュータスのサイトをご覧の皆様
本サイトの管理人です。
8月3日、今回の投稿は、「癒しの島」バリ島をお届けいたします。

直行便も就航し人気急上昇中の観光地・バリ島。
海も川も山も自然の美しい景色、バリ島ヒンドゥー教の伝統文化、観光地化が進む中にも確かに残されているのどかな街並みなど、多くの魅力をもつバリ島は、日本でも人気観光地で、その見どころは尽きません。
今回は、バリ島観光の見どころをバリ島基礎知識とともに紹介します。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

南国の楽園、「癒しの島」バリ島!

バリ島の基本情報

面積 5632平方km

人口 422万人

公用語 インドネシア語

通貨 ルピア


バリ島はインドネシアに属する島で、首都のジャカルタがあるジャワ島から東側に位置しています。
美しい海に囲まれた島となっているのですが、東京都の約2.6倍ほどの島内には火山などもあり、自然溢れる雄大な光景が大きな魅力です。

バリ島周辺はサバナ気候に属し、その季節は、北西季節風の吹く雨季(10月 - 3月)と、南東季節風の吹く乾季(4月 - 9月)とに明確に分かれます。
一年を通じて気温の変化はほとんどなく、年間の最低平均気温は約24度、最高平均気温は約31度、また、平均湿度は約78%になります。

言語に関しては、バリ島の場合はインドネシア語が公用語で、地元の人同士の会話ではバリ語が使われます。

ですが、観光地では、基本的に英語が通じます。
また、日本人観光客が多くなっていることで、近年は日本語が通じる人や日本語対応のサービスも増えてきています。

ただ、インドネシア語やバリ語を話すと現地の方は非常に喜んでくれるので、簡単なあいさつや
感謝の言葉などを覚えていくのも良いかもしれませんね。

簡単なインドネシア語

・ありがとう 「Terima kasih」(テリマカシ)

・どういたしまして「Sama sama」(サマサマ)

・おはようございます「Selamat pagi」(スラマッパギ)

・こんにちは「Selamat siang」(スラマッシアン)

・こんばんは「Selamat malam」(スラマッマラム)

バリ島の観光情報

バリ島の観光エリアは、南部に集結しています。
北部は火山地帯や森林地帯などが広がり、未だに人の手が入っていない未開拓領域が多く残されています。

観光エリアとしては、バリの繁華街で多国籍な雰囲気が楽しいクタをはじめ、流行の発信地スミニャックや、ライステラスで有名な芸術と芸能の街ウブドは、バリ島で有名な観光地になっています。

他にも、古き良きのんびりとしたリゾート地サヌール、高級リゾートエリアが広がるヌサドゥア、海沿いの丘にリゾートとのどかで素朴な街並みが共存するジンバランなどがあります。

バリ島の美しい海を満喫できるビーチ

バリ島に来たら、泳いだりとマリンレジャーを楽しんだり、浜辺でまったりしたりと、ビーチで過ごすことがメインになるのではないでしょうか?
バリ島には、多くの素晴らしいビーチがあり、海岸の地形などによって楽しめるレジャーが異なってきます。

ここでは、バリ島のビーチについて少しご紹介いたします。

サヌールビーチ

バリ島リピーターや在住者に人気のエリア、サヌール。
クタやレギャンに比べ静かでゆっくりとした空気の流れるこのエリアにあるビーチには遊歩道があり、散歩するにはまさにピッタリです。
遠浅でサンゴが多いためパチャパチャ泳げる場所は少ないですが、ビーチ沿いにはカフェやレストランが多くバリ島初心者でも安心して過ごせるビーチになります。

朝日が綺麗で、無料朝ヨガも開催しているので、朝に強い人はぜひ行ってみてください。
写真では雲がかかってしまっていますが、朝日が昇る前のものです。

ドリームビーチ

レンボンガン島は、バリ本島から約27kmの場所に位置する離島で、現在はスピードボートで30分程度で行くことができます。

ドリームビーチはそのレンボンガン島南西部にある名所ビーチ。
水の透明度は高く、波もおだやかなため、ゆっくりと過ごすのには最適な場所。
崖の上にはドリームランドハッツというホテルがあり、そこのインフィニティプールは眺め抜群です。
夕陽は見れない、サーフィンもできないというビーチですが、ただ何もしないということができる数少ない場所ではないでしょうか。
せわしない日常に疲れた方はぜひ訪れてみたい場所です。

バリ島で見るべきおススメの寺院

バリでは多くの人が、宗教としてバリ・ヒンドゥー教を信仰しています。
バリ・ヒンドゥー教とは、バリ土着の信仰とインド仏教やヒンドゥー教が習合した信仰体系であり、バリの人びとの90%以上がこれにしたがった生活を送っています。
よってバリ島では、多くの寺院があり、またバリ島の歴史とも深く結びついています。
例えばブサキ寺院、ウルン・ダヌ・ブラタン寺院、タマン・アユン寺院、タナロット寺院、ウルワツ寺院など、多くの素晴らしい寺院があり、観光地として人気があります。
その中から、幾つかをご紹介いたします。

タマン・アユン寺院

タマン・アユン寺院は、バリ島中南部の村メングゥイにある。
1634年にバリ島最大勢力だったメングウィ王国の国家寺院として建立された。
寺院は19世紀後半(メングゥイ王国滅亡)から一時期荒廃したが、1937年に修復工事を終え、現在の姿となった。
プラ・プナタラン Pura Penataran メングウィ王国、王家の守護寺院。
タマン・アユンという言葉は「美しい庭」を表していて、周囲を掘割に囲まれた美しい庭園をもち、10基のメル(多重層(奇数)の塔)がある。
他にはない2層のメルがあるが、王家の祖先を祀るもの。また11層のメルが4基ある。
水の寺院とも呼ばれ、建築的にもほかの水の寺院と異なり、ジャワ島や中国の建築様式の影響が指摘されている。
 バリ島でベサキ寺院に継ぐ二番目に広い寺として知られており、世界遺産・バリ州の文化的景観に含まれている。

ウルン・ダヌ・ブラタン寺院

ウルン・ダヌ・ブラタン寺院は、バリ島中部の高原地帯ブドゥグルにある標高1200mのブラタン湖畔に位置する。
ブラタン湖は、バリ中央の水源である。
この寺院は、1634年にこの地を治めるメングウィ王によって建立され、湖の女神デヴィ・ダヌをはじめ10人の神霊を祀っている。
名前の意味は「ブラタン湖の先端の寺院」である。
寺院境内の外には、仏陀を祀ったストゥーパ(仏塔)があり、同一敷地内に二つの宗教施設が備わる。
寺院の近くにはベジ(Beji)と呼ばれる小さな祠が立ち、近隣の寺院のご神体がこの祠で禊をするくらい重要な祠である。
境内は4つに分かれ、そのうちの2つがブラタン湖上にある。
湖の中に浮かぶように建てられた寺院の11層のメル(多重塔)の姿は、50,000ルピア紙幣の図柄にもなっている。

バリ島で、身も心も美しく。

バリ島の美しい景色や、自然で心が洗われたら、今度はスパ・エステ、そしてバリ島のローカルフードを堪能しながら、身体も美しくなっていきましょう。
バリ島へは、これらを旅行の目的にされている方も多く、バリ島のスパ・エステ店には、様々なプランが用意されています。
男性用のプランも有ったりするので、男性も試してみてはいかがでしょう。

 

スパ・エステ

癒しの国バリ島、ゆっくりと流れる時間の中で日常生活で疲れた身体や心をスパで癒してみるのはいかがでしょう?
マリンスポーツや観光、ショッピングの後でも行くことのできる人気スパ&エステサロンも多くありますので、バリ島旅行の大きな楽しみの一つですね。

クセが無く日本人にも大好評のご当地フード

バリ島の雰囲気やローカルフードは人気が高く、日本でもバリ風をイメージしたカフェがたくさんあります。
バリ島を訪れたら、絶対にバリのローカルフードを食べていきたいですね。
バリ島(インドネシア)では、醤油風の調味料を使っているため、日本人にはなじみのある味の料理が多く、バリの料理が全く食べられないという人はほとんどいないのではないでしょうか?

写真は日本でも知名度の高い「ナシゴレン」。
お米(ナシ)と炒め物(ゴレン)がくっついたもので、ご飯に具材を入れて炒めたチャーハンに似た料理です。

その他、ナシゴレンと同じくらい有名な「ミーゴレン」は日本でいう焼きそばのようなローカルフードです。

「チャプチャイ」は野菜炒めのことで、お店によっては、汁の量が多かったり、汁気がほとんどなかったりと様々です。

インドネシア風のラーメンが「ミー・アヤム」です。
平たい麺が主流で、その上に甘辛く味付けしたそぼろを乗せています。

まだまだ、美味しいものはありますので、現地でいろいろ楽しんでみて下さい。

屋台などで、ローカルフードを食べるのも海外旅行の醍醐味ですが、
「水は安全なものを持参する」
「ウェットティッシュでしっかりと手を拭く」
「衛生的でないお店は避ける」など、
レストランとは衛生管理が違いますので、腹痛や食中毒には十分に気を付けてください。
 

本当にバリ島について基本的なことをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
やはり、バリ島の魅力はその目で見て、体験をしてくることでファンになって、リピーターになって何回も訪れるようになっていくそうです。
また、1年を通して楽しむことができますので、海外旅行の計画のさいは、バリ島も候補に入れてみてはいかがでしょうか?

三井住友海上海外旅行保険の豆知識

●海外旅行でかかる病気の内、最も多いものは「下痢症」です。
 水や食べ物にあたって、腹痛・食中毒になった場合にも三井住友海上海外旅行
 保険「ネットde保険@とらべる」では補償の対象となります。

●前回の海外旅行で、三井住友海上海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」にて
 ご契約いただいた場合は、保険終了後2年以内であれば、次回の海外旅行の際の
 保険申し込みで「リピート割引」をご利用いただけます。

●病気などによる病院への治療費や、盗難などによる持ち物の補償には、お支払い時に
 必要となる書類がそれぞれございますので、日本語による三井住友海上海外旅行
 保険のカスタマー窓口までお問い合わせください。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

保険のお申込み

\ 当日でもお申込みOK!/

海外渡航期間により、お申込みフローが異なります。下記いずれかをご選択の上、お申込みください。

92日以内の海外渡航の場合

旅行・出張等の92日以内の一時滞在の場合はこちらからお申込みください。
ご出発当日(ご自宅出発前まで)でもお申込みいただけます。

海外旅行保険を申込む

93日以上の海外渡航の場合

留学・ワーホリ・駐在・長期出張等の93日以上の長期滞在の場合は、長期滞在者向け海外旅行保険をご利用ください。

長期滞在者向け海外旅行保険

閉じる