お知らせ

海外旅行 Q&A

2018/09/21 海外旅行保険

三井住友海上海外旅行保険 取扱代理店ニュータスのサイトをご覧の皆様
本サイトの管理人です。

今回は、当海外旅行保険サイトにお問い合わせいただきました内容についてのQ&Aをお届けいたします。

最近では9月4日の台風21号では、関西国際空港が利用できなくなり、大きな混乱が起こりました。
9月6日は北海道の地震により、新千歳空港も利用できなくなりました。

海外旅行でも、飛行機のトラブルでスケジュールの変更を余儀なくされる場合も起こります。
その場合の費用はどうなるのでしょうか?
海外旅行保険で補償されるのでしょうか?
また、こんな場合は補償されるかと実際にお問い合わせいただいた内容について、一般的な補償範囲として海外旅行保険が使えるかどうかのお答えをご紹介してまいります。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

海外旅行 Q&A

お問い合わせ 1
Q1

先日の台風21号の影響により、関西国際空港着が出来ず、成田空港から名古屋着と代替になってしまいました。
それにより、新幹線等の費用が発生しているのですが、それらの費用は契約した保険の適用範囲内
なのでしょうか?

A1

海外から帰国し、成田空港から関西空港までの間でも、帰宅までは海外旅行保険の補償範囲となります。
この場合、航空機遅延等による費用として、名古屋からの新幹線代などの交通費が補償されます。

お問い合わせ 2
Q2

子供連れで海外旅行にいきます。
たまに子供が旅行の前に熱だして、旅行キャンセルなどになったりするのですが、
海外ホテルと航空機、キャンセル料金は保険に入ると、下りるのですか?

A2

残念ながら、これは補償範囲ではありません。
よく勘違いをされるのですが、海外旅行保険は自宅を出発したところから補償が始まり、
帰宅によって補償の終了となります。
今回の質問のように、海外旅行に行く前にキャンセルをしたことによる費用は補償されません。

お問い合わせ 3
Q3

仕事で足を強打し痛みがありびっこを引いている状態なのですが、とりあえず歩ける状態なので、
診察は受けていません。
数週間後にインドに旅行するのですが、その時に象に乗ったりしてアクシデントにより今痛みを
感じているところをさらに悪化させた場合、保険対象外となるのでしょうか?

A3

この質問の場合、海外旅行保険の補償では、旅行前に既に足にケガをされているので、
その悪化よる治療は補償の対象外となります。

これらの回答は、一般的な補償内容としてお答えしております。
ご加入のプランや内容によっては、補償が付いていなかったり、補償限度額が変わっていることがございますので、個別に弊社窓口までお問い合わせください。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

人気記事ベスト5

保険のお申込み

\ 当日でもお申込みOK!/

海外渡航期間により、お申込みフローが異なります。下記いずれかをご選択の上、お申込みください。

92日以内の海外渡航の場合

旅行・出張等の92日以内の一時滞在の場合はこちらからお申込みください。
ご出発当日(ご自宅出発前まで)でもお申込みいただけます。

海外旅行保険を申込む

93日以上の海外渡航の場合

留学・ワーホリ・駐在・長期出張等の93日以上の長期滞在の場合は、長期滞在者向け海外旅行保険をご利用ください。

長期滞在者向け海外旅行保険

閉じる