お知らせ

飛行機の欠航・遅延による費用はどうなるの?

2019/05/17 海外旅行保険

三井住友海上 海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」取扱代理店ニュータスのサイトをご覧の皆様
本サイトの管理人です。

今回の海外旅行コラムは海外旅行保険の一つの特約についての説明をお送りします。

今年のGWは10連休の人も多く、海外旅行の件数も多かったですが、最近、海外では航空機の事故がニュースなどで取り上げられています。

そんな時、宿泊費や交通費などの予期せぬ出費に悩まされます。

航空会社はどんな対応をしてくれるのでしょうか?

万一の時にどんな準備が必要となるのでしょうか?

そんな時に役立つ情報をお届けいたします。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

飛行機の欠航・遅延による費用はどうなるの?

最近の航空機事故のニュース
モスクワ シェレメチェボ空港

ロシアの首都モスクワのシェレメチェボ空港で日本時間6日未明、
アエロフロート・ロシア航空の旅客機が緊急着陸して炎上しました。
ロシア連邦捜査委員会は乗客40人と乗員1人の計41人が死亡した
と明らかにしました。
旅客機はモスクワから北西部ムルマンスクに向かっていましたが、
飛行中にトラブルが発生して引き返し、その後、同6時半ごろ緊急着陸に入りました。
滑走路をバウンドし炎と黒煙を上げながら着陸して炎上し、機体後部が激しく焼ける。

ミャンマー マンダレーの空港


観光客に人気のミャンマー北部マンダレーの空港で12日、ミャンマー航空の
エンブラエル190型機が、前輪が出ない不具合に見舞われ、胴体着陸しました。
乗客乗員89人は無事だった。
航空当局者は、パイロットが上空を旋回しながら前輪を出そうと
何度も試みた後に「不具合」を宣言したと説明。
ニュースでは「熟練した操縦で後輪だけで着陸させ、けが人はなかった」と
称賛されました。

飛行機の欠航・遅延による費用はどうなるの?

さて、これらの事故は、滑走を封鎖したりと、その後の便にも大きな影響を出してしまいます。

忙しいビジネスマンや、旅行中の利用客には、その後のスケジュールが変わってしまい、
予期せぬ費用も発生してしまうでしょう。

航空機会社の遅延対応


では、事故などによって緊急に手配したホテル代、別の移動手段、予定のキャンセルなどの航空会社に
賠償をしてもらえるのか?

応えはNOであるとされています。

航空会社の運送約款では、「到着時刻は保証ではない」と規定されています。

これは、「緊急着陸を含めて、悪天候などやむを
得ない場合の遅延による損害を賠償する責任は負わない」ということです。

つまり、航空会社は本来、到着時間を守る義務はあるが、約款で
「遅延しても損害賠償責任は負わない」などと定めています。

では、それらの不慮の費用についてはどうすればいいのでしょうか?

「海外旅行保険」の「航空機遅延費用等」特約

航空機の欠航や6時間以上の遅延等により、宿泊費や代替の交通費などがかかった場合に、
その費用を補償してくれる「航空機遅延費用等」特約があります。

航空会社は、到着時間を保証していませんので、保険としても欠航・遅延には「6時間以上代替の便や、交通手段が確保できない状態でないと費用が補償されません。

ここは、注意が必要な所です。

この航空機遅延費用等特約をはじめ、海外旅行保険ではこんな時に有って良かったという補償がいっぱいあります。

ネットからの簡単・お得なご加入は、本サイトからお手続きいただけます。
また、ご質問などございましたら、三井住友海上火災保険 代理店ニュータスまでお問い合わせいただければ、あなたの旅行にあったプランをご提案いたします。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

保険のお申込み

\ 当日でもお申込みOK!/

海外渡航期間により、お申込みフローが異なります。下記いずれかをご選択の上、お申込みください。

92日以内の海外渡航の場合

旅行・出張等の92日以内の一時滞在の場合はこちらからお申込みください。
ご出発当日(ご自宅出発前まで)でもお申込みいただけます。

海外旅行保険を申込む

93日以上の海外渡航の場合

留学・ワーホリ・駐在・長期出張等の93日以上の長期滞在の場合は、長期滞在者向け海外旅行保険をご利用ください。

長期滞在者向け海外旅行保険

閉じる