お知らせ

夏休み!海外旅行の行き先は決まってますか?

2019/07/05 海外旅行保険

三井住友海上 海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」取扱代理店ニュータスの
サイトをご覧の皆様
本サイトの管理人です。

既に決まっている方も多いでしょうが、長期休暇は
海外旅行と思っているけど、なかなか決めきれていない方に
ちょっと旅行会社のHPであがっているお薦め海外旅行先をご紹介。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

夏休み!海外旅行の行き先は決まってますか?

JTB
https://www.jtb.co.jp/season/summer/
1位 ハワイ
2位 台湾
3位 韓国
4位 グアム
5位 タイ


H.I.S
https://www.his-j.com/season/summer/
1位 ハワイ
2位 バリ島
3位 パリ
4位 ドグロヴニク(クロアチア)
5位 イエローナイフ(カナダ)


日本旅行
https://www.nta.co.jp/kaigai/season/summer/
1位 ハワイ
2位 イタリア
3位 台湾
4位 スペイン
5位 オーストラリア

各旅行会社のお勧めですが、ハワイの人気は不動のTOPですね。
このデータを見て、興味があれば上記のURLから各社「夏休み特集」
サイトをご参考にしてみてはいかがでしょう。

忘れないで海外旅行保険の準備

海外旅行の準備で直前まで忘れがちなのが「海外旅行保険」の手配です。
海外旅行に慣れていない方は、クレジットカードに保険がついているから
問題ないと思っていたり、逆に海外旅行に慣れている方はこれまで使った
事がないから必要性に疑問があったりするかもしれません。

やはり、使ったこともない保険には大切さを感じにくいのは確かです。

しかし、ベテランさんも、初心者さんもこれまで使えていたのに、
使っていなかった海外旅行保険の補償があったかもしれません。

今回は、海外旅行保険の補償の中で、特に保険金のお支払いの数が多い
「携行品損害補償特約」について、ご説明をしていきます。

これまでの海外旅行で、トランクケースが割れたとか、カメラを落としてしまったことなどはありませんでしたか?

保険に入ってまで補償をすることもないかなと思っていることでも、普通の海外旅行保険はもちろん、クレジットカードに付いている海外旅行保険でも「携行品損害補償特約」によって修理費が補償されていたかもしれません。

こんな便利な補償、「携行品損害補償特約」とは

実際、「携行品損害補償特約」とはどんな補償でしょうか?

海外旅行中に偶然な事故により、被保険者の携行品に損害が発生した
場合の補償です。

「携行品」とは、被保険者(保険の補償がかかっている人)が持ち歩い
ている身の回り品で被保険者所有の物および海外旅行開始前に他人から
無償で借りた物のことです。

「偶然な事故」とは、利用中に不注意で壊してしまったり、スリなどの
盗難による被害も含まれます。
注意が必要なのは、置き忘れ、紛失は補償の対象になりません。

その他、保険金をお支払いする場合、お支払いできない場合については、
各保険会社で確認をする必要があります。

クレジットカードの海外旅行保険では、最初から自己負担金を3千円など
と設定してあることがありますので、旅行前に窓口でお問い合わせし確認して
おくと安心ではないでしょうか?

夏休みの思い出が、楽しいものとなるように事前にしっかりとした補償内容で
海外旅行保険を準備されることをお薦めいたします。

詳しい内容につきましては、
三井住友海上火災保険 海外旅行保険取扱代理店 ニュータスまでご連絡ください。

万一に備え、三井住友海上 海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」への
ご加入をぜひお薦め致します。
楽しい海外旅行に後悔を残さないため、しっかりとした準備をお忘れなく。

三井住友海上 海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」は、インターネット
からお得にお手続きいただけます。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

保険のお申込み

\ 当日でもお申込みOK!/

海外渡航期間により、お申込みフローが異なります。下記いずれかをご選択の上、お申込みください。

92日以内の海外渡航の場合

旅行・出張等の92日以内の一時滞在の場合はこちらからお申込みください。
ご出発当日(ご自宅出発前まで)でもお申込みいただけます。

海外旅行保険を申込む

93日以上の海外渡航の場合

留学・ワーホリ・駐在・長期出張等の93日以上の長期滞在の場合は、長期滞在者向け海外旅行保険をご利用ください。

長期滞在者向け海外旅行保険

閉じる