お知らせ

海外旅行の必需品、Wi-Fiルーターの費用について調べてみました。

2019/12/02 海外旅行保険

三井住友海上 海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」
取扱代理店ニュータスのサイトをご覧の皆様、当サイトの管理人です。

今回のコラムは「海外旅行の必需品!海外用Wi-Fiルーター」について
お届けいたします。

海外旅行で、世界中どこに行ってもネットさえ繋がれば、
地図や、情報の検索もでき、困ることは少なくなりました。

世界の主要な都市では無料のWi-Fiが利用できますが、
念のために海外用のWi-Fiルーターを空港などでレンタル
することも多いはず。
今回は、海外旅行の必需品、Wi-Fiルーターについて調べてみました。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

海外旅行の必需品、Wi-Fiルーターの費用について調べてみました。

海外用Wi-Fiルーターのレンタル料は?

仮に、アメリカ本土に7日間のプランで旅行に行くとします。
あなたは、海外用Wi-Fiルーターをレンタルすることにします。

レンタル料をネットで検索してみると、かなりの金額の違い
がありました。

しかも、オプションやら更に費用がかさみます。
あなたは、少しでも費用を安くする方法を考えるはずです。

アメリカ本土 7日間 (価格.com調べ2019年11月時点) 

イモトのWi-Fi 総額 6,580円
グローバルWi-Fi 総額 1,820円
  価格.com調べで、会社によって金額に大きく違いがあるようです。

レンタルルーターに補償は必要なのか?
弁償時に請求される金額と補償の掛金

上記の金額の他に、いろいろなオプションが用意されています。
もちろん、そこには追加の料金が発生します。
多くの人が一番気にするところは、Wi-Fiルーターに補償を
付けるかどうか?

レンタル料と違い、各社補償内容も料金も同じような設定でした。
3種類ほどのプランがあり、レンタル品の全損時に100%補償で
1日300円の料金で付けることができます。


イモトのWiFi
レンタル品紛失時の弁償代金 45,000円
安心パック @1日 300円 総額 2,100円

グローバルWiFi
レンタル品紛失時の弁償代金 26,000円
補償パック @1日 300円 総額 2,100円

弁償代金を考えると付けておきたいですが、流石にレンタル料から
考えると安くはない金額です。
 

レンタル品の補償が2重加入になっているかも!

レンタル会社のHPを見ると、レンタル料の他に補償のオプション
を必ず勧めています。
しかし、レンタル品の紛失や盗難の補償については、実は海外旅行
保険で補償されることがあります。
クレジットカード付帯の海外旅行でも補償されることがあります。

三井住友海上 ネットde保険@とらべるの海外旅行保険では、
レンタル品の紛失・盗難・破損による賠償も補償してくれます。

レンタル品についての補償もされている海外旅行保険に入っていれば、
Wi-Fiレンタル会社が勧める補償オプションへの加入は無駄になって
しまうことがあります。

そこをしっかりとチェックするために海外旅行保険の補償内容を確認して
おきましょう。

海外旅行保険の賠償責任危険補償特約

レンタル品の補償について、海外旅行保険ではどの様に規定されて
いるのでしょうか?
それは、賠償責任危険補償特約という特約で補償されています。

<保険金が支払われる場合>
被保険者が、海外旅行中に偶然な事故により、他人の身体の障害または
他人の財物の損壊(紛失および盗難を含みます。)について法律上の
損害賠償責任を負担することによって損害を被った場合。

他人の財物にはレンタル業者より保険契約者または被保険者が直接借り
入れた旅行用品が含まれる。 
 (三井住友海上火災保険 海外旅行保険パンフレットより抜粋。)

つまり、レンタル会社より弁償請求があった場合には、
この賠償責任危険補償で補償されます。

おまけ:海外用WiFiルーター以外の選択肢

<海外ローミング>
ドコモ、au、ソフトバンク各社とも海外でのネット利用に、
1日単位2,980円での定額プランがあります。
その他に、もっと時間を区切ったプランも出てきています。

キャリア別の特殊な海外ローミングプラン

ドコモ パケットパック海外オプション 980円/24h
au 世界データ定額 980円/24h
ソフトバンク アメリカ放題    無料(アメリカ国内のみ利用可能)

1日2,980円は高いですが、スマホのプランの契約内容によっては
上記のプランのように日本で使っているのと変わらない使い勝手で
利用できるようになっています。

<プリペイドSIMカード>
海外で、Wi-Fiルーターをスマホと一緒に持ち歩くのも、
ルーターの電源を気にするのも面倒くさいと言う方には、
現地で利用できるプリペイド式のSIMを買って、
自分のスマホに入れてネットを使う方法もあります。

MOST SIM アメリカ7日間 2,180円
しかもこのMOST SIMはAmazonで日本でも購入可能です。

<現地のフリーWi-Fiだけで乗り切る>
折角の海外旅行ですし、スムーズにスケジュールをこなすには
お薦めできない方法ですが、不便さも含めて海外旅行を楽しめる
方や、国によってはこれで全く問題ないこともあり得ます。
 

いかがでしたでしょうか?
当ブログ管理人も、香港とマカオへ旅行した時に、マカオで利用できる
Wi-Fiルーターをレンタルしましたが、不良品だった為、現地でインター
ネットにつなげずに大変困りました。
海外でもインターネットに頼り切りだったことを実感しました。

そして、万一のトラブルに遭ってしまうことに備えて、三井住友海上の
海外旅行保険 ネットde保険@とらべるへのご加入をお忘れなく。

はじめての海外旅行も安心!三井住友海上の海外旅行保険、『ネットde保険@とらべる』 なら、不安やお悩みをまるっと解決!

・ネット申込なので、空港等での対面申込と比較して最大で69%割引!
・携行品損害からテロ等対応費用まで、充実の補償内容がついてくる!
・24時間・365日・日本語受付だから安心して旅行ができます!
・ネット申込みだから手続きカンタン♪手間要らず!
・繰り返しの利用には5%OFFのリピーター割引※があるので、更におトクです! ※一定の要件を満たされた方が対象です。
・海外旅行出発の当日(ご自宅出発前の午後11:30まで)でも、インターネットで申込みが可能!
 
お見積り・お申し込みはメニュー右上のお申込みボタンより今すぐ可能です。
本サイトからお申込みいただくことで割引が適用されます!

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

保険のお申込み

\ 当日でもお申込みOK!/

海外渡航期間により、お申込みフローが異なります。下記いずれかをご選択の上、お申込みください。

92日以内の海外渡航の場合

旅行・出張等の92日以内の一時滞在の場合はこちらからお申込みください。
ご出発当日(ご自宅出発前まで)でもお申込みいただけます。

海外旅行保険を申込む

93日以上の海外渡航の場合

留学・ワーホリ・駐在・長期出張等の93日以上の長期滞在の場合は、長期滞在者向け海外旅行保険をご利用ください。

長期滞在者向け海外旅行保険

閉じる